珍來の歴史|History

珍來の創業者清水清は明治四十一年茨城県美野町に生まれ、昭和三年上京。 東京都中華麺製造協同組合初代理事長宇留野八代吉師より御援を賜り、昭和五年珍來式手打ちラーメンを考案。昭和十年葛飾区小菅水戸橋通りに ささやかな店を開店。昭和二十年終戦と同時に浅草に進出。其の後、足立区千住八千代町に珍來を開店し、足立堤北中華料理組合 初代理事長に就き、以来多くの独立店主を輩出。関東一円に其の数、二百店舗を超すに至っております。又、当店の麺は特に精選した 良質の小麦粉に新鮮な鶏卵をふんだんに用い、丹念に打ち上げられてあり、スープには科学調味料は一切使用せず、豚鳥がら野菜等を沢山使い、滋養と味本位に仕上げており、ぜひご賞味いただきたい御意見等をいただけるなら、なお一層のはげみとなります

お客様各位

珍來店主当店ではラーメン店を開業ご希望の方には、責任を持って御相談に応じておりますので御気軽に御問合せ下さい。